新型アルファードを68万円安く購入した方法

 
  1. ブログTOP>
  2. 試乗レポート

2016/09/20 00:49 by アルファードマニア カテゴリ:セレナ / 試乗レポート新型セレナ(C27)に試乗!今すぐ購入したくなりました(その2)

コメント(0)

前回のセレナ試乗記事の続きになります。

外観

エクステリアはフロントは現行エルグランドを彷彿させるデザインで個人的には好みです。ハイウェイスターと標準車であまり差はありません。

サイドのデザインは、ハイウェイスターの場合は、下部にエアロが少し張り出していて、そのぶん、全幅が5ナンバーには収まらなくなっています。標準車に比べて4.5センチ大きくなっているのです。

サイドのエアロがない標準車のほうはちょっと寂しい感じになりますね。

リアデザインも、標準車とハイウェイスターの違いはあまり目立ちません。

自分の場合はやっぱりハイウエイスターがいいかなあ。

C27セレナ・ハイウエイスターG

セレナ・ライダーもありますが、フロントマスクはちょっとやり過ぎ感が出ていますね。なかなかカッコイイですが、かなり若者向けのデザインのように思います。

続きを読む

2016/09/19 01:32 by アルファードマニア カテゴリ:セレナ / 試乗レポート新型セレナ(C27)に試乗!今すぐ購入したくなりました(その1)

コメント(0)

本日、ってもう昨日ですが、ようやく2016年8月末にフルモデルチェンジされた日産セレナに試乗してきました。

試乗車のグレードはハイウエイスターです。

展示車にはハイウェイスターGが置いてあり、それもじっくり乗り込んで見てきました。

実は、新型セレナに試乗する前に、つい先日フルモデルチェンジしたばかりのホンダ・フリードにも試乗してきたのです。良く知っているディーラーさんで、おろしたての試乗車を1時間ほどかりて自由に乗らせてもらいました。

フリードもかなり良かったのですが、それよりもセレナのほうがさらに良かったので今日はひとまず先にセレナのインプレッションについて書こうと思います。

フリードについてはまた後日...

いや~、C27セレナ、本気で欲しくなりました。思わず契約しそうになりましたが、現時点ではあまりにも値引きが渋くて、やめました(笑)。

C27セレナ

しかし、新型セレナびっくり仰天です。プロパイロットではなく、パッケージングそのものが素晴らしいのです。

もちろん、残念な点もありましたし、試乗ではわからないマイナーポイントもきっとあるはずです。

続きを読む

2016/02/26 11:36 by アルファードマニア カテゴリ:オデッセイ / 試乗レポートオデッセイ・ハイブリッドに試乗しました

コメント(0)

以前、ステップワゴン(RK1)のときにお世話になっていた、ホンダーカーズにお邪魔したら、偶然にも発売されたばかりのオデッセイ ハイブリッドが試乗車としておいてありました。

グレードは、ハイブリッド・アブソリュート・ホンダセンシング・EXパッケージ、FF7人乗りです。

オデッセイ・ハイブリッド

すでに日が暮れていて、雨も降ってきたため、かなり慎重に運転しました。

まず驚いたのは、乗り心地がすごく改善されていて、これならミニバンとして1列目・2列目に関しては快適に過ごせます。

初期型のオデッセイに乗った時は、サスペンションのセッティングがあまりにも固すぎて、乗れたものじゃありませんでした。

かといって、柔らかいだけではなく、若干硬めの振幅感応式ダンパーがおごられていて、とても上品な収まり方をします。初期型のように、段差でピョンピョン跳ねるようなことはありませんでした。

もしかすると、ガソリン車のほうも乗り心地は改善されているのかもしれませんね。

3列目については、試乗車の3列目シートが床下に収納されていたので、暗いこともあり、わざわざシートを引っ張り出すことはしませんでした。

2列目の乗り心地から想像するに、大きな問題はなさそうです。ただ、常に3列目までフル乗車する家族であれば、3列目の乗り心地・乗り味もきちんと試乗で確認しておいたほうがよいです。

続きを読む

2016/01/29 19:43 by アルファードマニア カテゴリ:試乗レポートアルファードハイブリッドSR-C雑感

コメント(0)

全開の続きになりますが、思いつくままに感想を記しておきますね。

まず、2列目のエグゼクティブパワーシートはなかなか快適です。想像していたほど窮屈でもなく、アップリカの回転式チャイルドシートもギリギリ設置できました。

アップリカのチャイルドシート

ただ、ひじ掛けが邪魔でチャイルドシートをリクライニングさせてベッド型に変形させることはできません。

アップリカのチャイルドシート

小さな赤ちゃんがいて、このタイプのチャイルドシートを使いたいという方は要注意です。

アップリカのチャイルドシート

続きを読む

2016/01/28 15:46 by アルファードマニア カテゴリ:試乗レポートハイブリッドSR-Cパッケージが我が家にやってきた!

コメント(2)

私のアルファードはS-Aパケは例の内装のキズを直してもらうため、再度、3日間トヨペットに預けることになり、その代車としてアルファードハイブリッドをかりることになりました。

アルファードハイブリッドSR-C

アルファードハイブリッドSR-C

ボディーカラーは、202ブラック!写真ではわかりませんが、太陽光があたると洗車傷が目立ちます(悲)。

走行距離3000キロ程度の試乗車なので、ディーラーの洗車機に10回以上は入れられていることでしょう。

早速ですが、本日、50キロほど走りましたので、そのレポートをしたいと思います。

ハイブリッド車はかなりパワフル!

普段乗っている2.5リッターガソリンエンジンと比べると、発進時で非常にパワフルです。これはモーターの最大トルクがいきなり出るためですが、約200キロの重量増を補うのに十分と感じました。

ただ、やはり重さは感じます。運転していると特に。2列目に乗っている限りは何ら関係ないのでしょうけど。。。

EVモードにしておけば発進してしばらくは電気モーターだけで走ることが出来ます。車速が20キロ弱になるとエンジンがかかりますが、そのつなぎ目は極めてスムーズ。違和感は全くありません。

エネルギーモニター

エネルギーモニターを見ていると、なかなか楽しいです!

続きを読む

2016/01/21 23:43 by アルファードマニア カテゴリ:プリウス / 試乗レポート新型50系プリウスに試乗して拍子抜け

コメント(2)

先日、2015年12月にフルモデルチェンジした新型プリウスにようやく試乗してきました。

早いところだと、去年の暮には試乗車を準備していたようですが、なかなか時間がとれなくて先延ばしになっていたのです。

私の居住エリアでは2016年1月初めに新型プリウス試乗会がありました。

50系プリウスSツーリング

50系プリウスSツーリング

50系プリウスSツーリング

続きを読む

2015/10/10 00:56 by アルファードマニア カテゴリ:ゴルフ / 試乗レポートどうなる?フォルクスワーゲンの排ガス不正問題、ゴルフ7試乗

コメント(0)

しばらく前になりますが、フォルクスワーゲンのディーラーに行って、気になっていた車をいくつか試乗してきました。

ちょうど9月の決算直前の時期でした。VWのディーゼルエンジン搭載車の排気ガス不正問題は、まだ表面化していなかった時です。

試乗したのは、ポロとゴルフ7コンフォートラインです。そのディーラーで展示されていたのは、ゴルフGTE、新型パサート、シャラン、UP!、ビートルなどがありました。

まず、ポロとゴルフに試乗した感想ですが、ポロは、横幅が1685mmとあって、かなり窮屈な印象です。軽自動車よりも狭く感じるので、横幅の問題だけではありません。

ヘッドクリアランスやセンターコンソールのレイアウト、後部座席のレイアウトなど全てにおいて居住性だけを見れば軽自動車に比べて劣っています。

もちろん、ただ室内が広いだけの車なら簡単に作れるのかもしれません。フォルクスワーゲンの良さはソコではないです。

これはドイツ車全般に言えますが、とにかく頑丈に作られていて、ボディ剛性が素晴らしく高いです。

軽自動車の後席に乗っていて、後ろから大きなトラックに追突されたらどうなるでしょうか。軽自動車の後部座席はかなり広いですが、トランクスペースもなく後ろの一番端っこに座っている状態でクラッシュスペースがありません。

ま、大きなトラックにぶつかってこられたら、軽もポロもゴルフもあんまり変わらないかもしれませんが。。。

続きを読む

2015/09/24 02:31 by アルファードマニア カテゴリ:キャスト / 試乗レポートダイハツ・キャストの納期と値引き

コメント(0)

キャストの納期は2015年12月中~下旬

おおよその納期になりますが、9月23日に発注かけたとして年内ギリギリか、年明けになるそうです。つまり3ヶ月以上待つことになります。

ただし、これはツートンカラーを選んだ場合です。正確には、デザインフィルムトップと言って、カーボン製の白いフィルムをルーフ部分に貼るそうです。塗装ではありません。コペンから採用された新しい技術だとか...。普通に塗り分けるよりもコストを抑えることができるようです。

ツートンカラーじゃない場合は納期はもっと早くなるらしいです。

私は淡いブルー(スプラッシュブルー)と白のツートンにしたかったので、3ヶ月待たなければならないということで商談は中断しました。

キャストはまだ出たばかりで値引きは渋いので、3ヶ月待つなら、1ヶ月後にもう一度商談したほうが値引きは期待できるかもしれないからです。

続きを読む

2015/09/23 23:59 by アルファードマニア カテゴリ:キャスト / 試乗レポートダイハツ・キャスト・スタイルに試乗!ハスラーと比較

コメント(0)

今日は、セカンドカーとして以前から検討していたダイハツ・キャストの商談に行ってきました。

ディーラーに行くと、キャスト・スタイルの試乗車の横になんと、スズキ・ハスラーの試乗車が置いてありました...

試乗したスズキ・ハスラーG

スズキ・ハスラー前から

スズキ・ハスラー後ろから

???

ここダイハツだよね?と妻と困惑...

迎えに出てきてくれた営業マンに尋ねると、ハスラーと是非乗り比べてくださいということでダイハツディーラーがスズキの試乗車を準備しているそうです。

キャストに絶対的な自信があるのでしょう。後発だから当然とも言えます。

キャスト・スタイルとハスラーはどちらもノンターボ車のNAです。グレードは、キャストのほうがG"SAⅡ"でスズキ・ハスラーのほうがたぶんGです。

ハスラーはS-エネチャージではないと言っていたので、たぶん年次改良前の初期型だと思われます。

続きを読む

2015/09/22 23:12 by アルファードマニア カテゴリ:マカン / 試乗レポートマカンSの納期はなんと1年待ち

コメント(0)

マカンのグレードは3つあります。

  • マカン
  • マカンS
  • マカンターボ

ポルシェ・マカン

一見、マカンとSはNAのように思うかもしれませんが、すべてターボ仕様です。マカンが2リッター直4ターボ、マカンSが3リッターV6ツインターボ、マカンターボが3.6リッターV6ツインターボになります。

素、S、ターボというグレード構成は、911やボクスター、ケイマン、パナメーラ、カイエンなどでも同じですが、もしかすると来年以降に、GTSとターボSというグレードが追加される可能性はあります。

ポルシェを象徴する911も2016年モデルからカレラとカレラSがダウンサイジングターボになります。GT3についてはまだわかりません。

フェラーリでさえもカリフォルニアや488でターボエンジンが導入されはじめています。個人的には街中や高速道路で普通に走るにはターボエンジンのほうが適していると思っています。低回転域から最大トルクが出ていてとても運転しやすいです。

続きを読む

プロフィール

トヨタ30系アルファード(S-Aパッケージ)2.5L FF車(7人乗り)に乗っています。

更に詳しく見る

月別リスト

最近投稿された写真

  • 2週連続で京都・福知山へ
  • トヨタ初のコンパクトSUV、C-HR・G(ハイブリッド)に試乗
  • プリウスPHV(プラグインハイブリッド)に試乗してきました
  • キーパーラボでガラスコーティングするかどうか迷っています
  • アイドリングストップのせいでバッテリーが弱ってきました
  • マイナーチェンジで新型の直列4気筒2.5L直噴エンジンを搭載か
  • TコネクトナビとAndroid端末の相性は良い
  • 新型フリード(6人乗り・FF・ガソリン車)に試乗!5人乗りのフリード・プラスが欲しい!
  • 新型セレナ(C27)に試乗!今すぐ購入したくなりました(その2)
  • 新型セレナ(C27)に試乗!今すぐ購入したくなりました(その1)

RSSフィードを購読

ブログランキング

パソコン表示 | スマートフォン表示