新型アルファードを68万円安く購入した方法

 
  1. ブログTOP>
  2. フリード

2016/09/23 20:17 by アルファードマニア カテゴリ:フリード新型フリード(6人乗り・FF・ガソリン車)に試乗!5人乗りのフリード・プラスが欲しい!

コメント(0)

先日、C27新型セレナに試乗する直前に、フルモデルチェンジされたホンダのコンパクトミニバン、新型フリードに小一時間ほど、街中と郊外で運転してきました。

新型フリードG・Honda SENSING

試乗車のグレードは、ガソリン車のG・Honda SENSING、FFの6人乗りです。

子どもっぽいインテリアデザイン

まず、最初に感じたのは、メーター回りのデザインが子どもっぽいなということです。もちろん、私個人の意見にすぎませんが、特にスピードメーター(デジタルメーターです。)の数字のフォントがすきになれません。

後で試乗した新型セレナのメーターを見て、ますますそのように感じました。

新型フリードG・Honda SENSING

このあたり、もう少しなんとかならないかなあ。

前回のブログ記事でも書きましたが、新型セレナの内装は大人っぽい上品さが漂っていて、アルファード/ヴェルファイアに劣らない高級感があります。

フリードのほうは内装全般にいえることですが、プラスティックの素材が目立ちます。

正直言って、セカンドカーのダイハツ・キャストのほうがまだ上質さがありますね。

しかしながら、別の視点で見ると、例えば、「移動するための道具」として捉えれば、汚れやキズに強そうにも思えます。

新型セレナが350万円程度、一方のフリードが250万円程度で、車格が違うのでその辺は仕方ないのかもしれません。

ですが、ホンダのNBOXなんかは軽自動車でもかなり高級感のある内装デザインなので、もうちょっとなんとかできなかったのかなとも思えます。

続きを読む

プロフィール

トヨタ30系アルファード(S-Aパッケージ)2.5L FF車(7人乗り)に乗っています。

更に詳しく見る

月別リスト

最近投稿された写真

  • 2週連続で京都・福知山へ
  • トヨタ初のコンパクトSUV、C-HR・G(ハイブリッド)に試乗
  • プリウスPHV(プラグインハイブリッド)に試乗してきました
  • キーパーラボでガラスコーティングするかどうか迷っています
  • アイドリングストップのせいでバッテリーが弱ってきました
  • マイナーチェンジで新型の直列4気筒2.5L直噴エンジンを搭載か
  • TコネクトナビとAndroid端末の相性は良い
  • 新型フリード(6人乗り・FF・ガソリン車)に試乗!5人乗りのフリード・プラスが欲しい!
  • 新型セレナ(C27)に試乗!今すぐ購入したくなりました(その2)
  • 新型セレナ(C27)に試乗!今すぐ購入したくなりました(その1)

RSSフィードを購読

ブログランキング

パソコン表示 | スマートフォン表示