新型アルファードを68万円安く購入した方法

 
  1. ブログTOP>
  2. プリウス>
  3. プリウスPHV(プラグインハイブリッド)に試乗してきました

2017/04/06 15:52 by アルファードマニア カテゴリ:プリウスプリウスPHV(プラグインハイブリッド)に試乗してきました

コメント(0)

アルファードの24カ月点検のついでに試乗

昨日、私のアルファードの24カ月点検に出してきました。

トヨペットディーラーでスマイルパスポートというメンテナンスパックに入っているので、オイル交換や点検は無料です。

スマイルパスポートの詳細はこちらのブログ記事に書いてあります。

1時間ほどの待ち時間の間に最近登場した新型プリウスPHVに試乗させてもらいました。

C-HRハイブリッドにも試乗させてもらいましたが、そのレビューについてはまた後日詳しく書きますね。

そして、肝心のアルファードの点検のほうは今回はバッテリーの劣化のこともとくに言及がなく、オイル交換、ワイパーのゴム交換などしてもらい、無事完了しました。

アルファードと日本海

アルファードと日本海2

この写真は点検とは関係ありません!(笑)

先日、ばあちゃんを連れて福井にある東尋坊へカニを食べに一泊二日の旅行に行った時のものです。

去年も同じ宿に行きました!その時のブログ記事はこちら。

プリウスPHVのレビュー

まず、乗り心地は極めて良かったです。新型50系プリウスもよかったですし、当然と言えば当然ですね。

段差を乗り越えた時のいなし方がすごく上質で、ある程度スピードを出していても問題ありませんでした。

走行性能は、バッテリーが満充電であれば電気モーターのみで68.2 km走れます。当然、試乗の間はずっと電気だけで走れました。

高速道路は走っていませんが、時速100キロ程度まで電気モーターで走れるそうです。

モーターは発進直後から最大トルクがでるため、出だしがすごく俊敏です。

ハイブリッド車で気になるのは、モーターから発せられる「キーン」という高周波音ですが、遮音性が高いのか、走行中の車内にはほとんど聞こえてこなかったように思います。

ノーマルのプリウスで気になったのは、アクセルを踏み込んだ時にガソリンエンジンががんばってしまい、ヴォーンと唸るところでしたが、プラグインハイブリッドだとそういう場面に遭遇することもほとんどなさそうです。

内装はほとんど普通のプリウスとかわりませんが、大きく異なるのは、センターコンソールのナビ画面です。

タブレットPCのようなプラグインハイブリッド車専用の大きな画面が縦方向に装備されています。

プリウスPHVドア(前)

個人的に気に入らないのは、シフトレバーまわりとステアリングの一部の白いところです。普通にピアノブラックでよかったのに!と思いませんか?(笑)

試乗車のグレードはおそらくAグレードだと思いますが、シート生地はファブリックでした。とても高級感があり、何ら問題はありません。

プリウスPHV運転席シート

本革シートじゃなくてもこのファブリックで十分すぎるくらいです。

試乗車のナビ画面には保護用のビニールが貼られたままだったのでよく見ていませんが、視認性はよさそうでした。

外観はノーマルプリウスよりもかなりスタイリッシュになっています。リアガラスは複雑な曲面になっていて、こだわりが感じられます。

プリウスPHV外観(前)

プリウスPHV外観(後)

プリウスPHV外観(横)

軽量化のためか、材質も一部カーボン素材が用いられているところもありました。

新型プリウスPHVは4人乗り

普通のセダンはほとんどが5人乗り仕様になっていますが、5人乗ることってほとんどないと思います。

なので、私は4人乗りでも全く問題はありません。今のところ3人家族ですし。。。

後席には大きな電池が搭載されているためか、後席の真ん中が少し盛り上がっています。といっても、わずかな盛り上がりなので窮屈に感じることはありませんでした。

プリウスPHV後席シート

横に寝そべったりはできないな、というくらいです。

後席フロアの中央にも同様に盛り上がりがありますが、他社のセダンに比べると低いのでそれほど気にはなりませんでした。

プリウスPHVの安全装備

トヨタ・セーフティ・センス Pが全グレードに標準装備されています。新型セレナのような半自動運転の機能はありませんが、車線逸脱警報はけっこう敏感に反応していました。試乗中にはわかりませんでしたが、ハンドルの制御も入るようです。

プリウスPHVの残念なところ

それは、パーキングぐれーきが電子式ではなく、ブレーキのオートホールド機能がついていないところです。これに関してはすごく不満で、C-HRにはついているのに、なんで?と思ってしまいます。

あとは価格ですね。普通のプリウスと比べるとかなーり大雑把に考えて同じグレードで80万円くらいの差になっているのでしょうか。ナビの金額を30万円くらいとするならばだいたいそのくらいの差額だと思われます。

この差額は当然ですが、ガソリン代で取り戻すのは難しく、走行フィーリングの良さをこの金額で買っていると考えるしかありません。

プリウスPHVが欲しくなった!

オートホールド機能がないことに関して大いに不満ですが、新型プリウスの乗り心地の良さ、電気モーターによる走行フィーリングの良さを体験して、猛烈にプリウスPHVが欲しくなってしまいました...

もし、購入するのであればセカンドカーの軽自動車(ダイハツ・キャスト)との入れ替えになりそうですが、このプリウスであれば500キロくらい乗っていても疲れなさそうです。

自宅のガレージには100Vですが、アース付きコンセントを引いてあり、また自宅はオール電化のため夜間の安い電力を使って経済的に充電を行えます。

200V/16Aであれば、充電時間は2時間20分で済むようなので、もし購入するとなれば電気工事をしたほうがよいのかもしれません。

ただし、100V/6Aだと満充電に約14時間かかるようですが、私の使い方だとおそらくフルに充電が必要な状態になることはほとんどなさそうなので、100Vのままでもよいのかもしれないですね。もしそれで不便なら200Vで充電できるように工事を検討すればよいですね。

2017年6月ハリアーがマイナーチェンジ

プリウスPHVの試乗を終えた後、新型ハリアーの営業用資料を少し見せてもらいました。

そこには、2リッターターボエンジン 8AF-FTSの搭載と書いてあり、そして、トランスミッションはレクサスNXやRXに搭載されている現行のFF用6速ATとも書いてありました。

新開発のTNGAエンジンとトランスっションはレクサス車から導入していくのでしょうかね。

新型ハリアーの外観は現行のものとほとんど見分けがつかないくらいのの小さな変更のようですが、ターボモデルはフロントグリルが網目になっていてスポーティーな印象があります。

2017年冬もしくは2018年はじめころに30系アルファード/ヴェルファイアがマイナーチェンジ

担当の営業マンに話を伺うと、2017年6月までのモデルチェンジ情報にはアルベルのマイナーチェンジは含まれていません。

今までの例からすると、3年から3年半くらいでマイナーチェンジするだろうということです。

そして、マイナーチェンジ後のハリアーに新型のFF用8速ATが搭載されないことから考えると、マイナーチェンジ後のアルヴェルにも新型トランスミッション・エンジンは採用されないのではとの推測もできます。

ただ、こちらのプレスリリースを見る限りでは、「2017年以降、搭載車種を一気に拡大していく」と書いてありますから、必ずしもそうとはいえませんが。。。

スタッドレスタイヤから夏タイヤへ

24か月点検の項目にタイヤローテーションもあるので、スタッドレスタイヤから夏タイヤへの交換も無料でやってもらいました。

私が30系アルファードに装着しているスタッドレスタイヤに関する記事はこちらです。

最近のスタッドレスタイヤはロードノイズもほとんどなくきわめて快適ですが、やっぱりノーマルタイヤに交換するとその違いがわかりますね。

当然ですが、夏タイヤのほうが乗り心地は良いです。

アルファード・ヴェルファイアの中古車を探すなら・・・

30系新型アルファード・ヴェルファイアの新車はこちらで無料見積りを取ってみましょう

にほんブログ村 車ブログへ ← この記事が役に立った方はポチッと押していただけるとうれしいです♪

  • http://new-alphard.com/2017/04/prius-phv.html
  • http://new-alphard.com/2017/04/prius-phv.html

次の記事も多くの人に読まれています

コメントする

プロフィール

トヨタ30系アルファード(S-Aパッケージ)2.5L FF車(7人乗り)に乗っています。

更に詳しく見る

月別リスト

最近投稿された写真

  • 2週連続で京都・福知山へ
  • トヨタ初のコンパクトSUV、C-HR・G(ハイブリッド)に試乗
  • プリウスPHV(プラグインハイブリッド)に試乗してきました
  • キーパーラボでガラスコーティングするかどうか迷っています
  • アイドリングストップのせいでバッテリーが弱ってきました
  • マイナーチェンジで新型の直列4気筒2.5L直噴エンジンを搭載か
  • TコネクトナビとAndroid端末の相性は良い
  • 新型フリード(6人乗り・FF・ガソリン車)に試乗!5人乗りのフリード・プラスが欲しい!
  • 新型セレナ(C27)に試乗!今すぐ購入したくなりました(その2)
  • 新型セレナ(C27)に試乗!今すぐ購入したくなりました(その1)

RSSフィードを購読

ブログランキング

パソコン表示 | スマートフォン表示