新型アルファードを68万円安く購入した方法

 
  1. ブログTOP>
  2. セレナ>
  3. 新型セレナ(C27)に試乗!今すぐ購入したくなりました(その2)

2016/09/20 00:49 by アルファードマニア カテゴリ:セレナ / 試乗レポート新型セレナ(C27)に試乗!今すぐ購入したくなりました(その2)

コメント(0)

前回のセレナ試乗記事の続きになります。

外観

エクステリアはフロントは現行エルグランドを彷彿させるデザインで個人的には好みです。ハイウェイスターと標準車であまり差はありません。

サイドのデザインは、ハイウェイスターの場合は、下部にエアロが少し張り出していて、そのぶん、全幅が5ナンバーには収まらなくなっています。標準車に比べて4.5センチ大きくなっているのです。

サイドのエアロがない標準車のほうはちょっと寂しい感じになりますね。

リアデザインも、標準車とハイウェイスターの違いはあまり目立ちません。

自分の場合はやっぱりハイウエイスターがいいかなあ。

C27セレナ・ハイウエイスターG

セレナ・ライダーもありますが、フロントマスクはちょっとやり過ぎ感が出ていますね。なかなかカッコイイですが、かなり若者向けのデザインのように思います。

内装

内装はかなり高級感があります。日産、かなり気合が入っていますね!

メーターフードにはなんとステッチが入っています。

新型セレナ・メーターフード

アルファード/ヴェルファイアに劣らない高級感がありますよ。しかも大人っぽい上質さを備えています。子どもっぽさは微塵もありません。

ステアリングホイールはスポーツタイプの車並みにグリップ感の素晴らしい形状をしています。親指のところが窪んでいるのです。

新型セレナ・ステアリング

ディンプル加工されていればなおよしですが、それはやり過ぎか。。。(笑)

あと、USBケーブルの差込口がすべての席に備わっています。(笑)そんなにいらないような気もしますが、親切ですよね。

みんなスマホ持っていますから、搭乗者全員スマホの充電ができます。充電コードはどうしよう?(汗)

あと、グレードによっては、3列目の左側つまり助手席側にスライドドアのスイッチがあるので、いちいち開けてくれと言う必要がありません!これも素晴らしいですね。ほんと良く気が付きますね~

シートレイアウト

セレナの場合、2列目シートのカラクリが独特ですね。基本的には先代セレナとほぼ同じですが、新型セレナは左右どちらも真ん中に寄せることができ、そうすることによってリヤのタイヤハウスを避けてスーパーロングスライドすることができます。

2列目のスライド量はノア・ヴォクシー・エスクよりは少ないような気がしましたが、正直、これでも十分すぎるくらいの空間がうまれます。

真ん中に寄せないでギリギリ後ろまで下げれるだけでも十分です。普通に乗る限りそれ以上の空間はいらないくらいですね。

2列目のセンターシートを前後にスライドさせることによって、1列目のアームレストにもなり、2列目のアームレストにもなります。

2列目を真ん中に寄せるときはセンターシートを1列目までスライドさせます。

新型セレナ・アームレスト

この仕組み、すごく気に入りました。2列目シートはラージクラスミニバンのキャプテンシートには到底及びませんが、ディーラーオプションのオットマンを使えば、それなりにリラックスは出来そうです。

ですが、2列目にアームレストを置いたときのリラックス感はノア・ヴォクシーやステップワゴンの7人乗りキャプテンシートと比べると大差はないと思います。むしろ、セレナのほうがゆったりしていてくつろげる感じがします。

オプションのオットマンがどの程度フィットするのか確かめたいところではあります。

いずれにしても、アルファード・ヴェルファイヤ、エルグランド、オデッセイの2列目シートには全く及びません。ここがラージクラスミニバンとミドルクラスの大きな違いになると思います。

Mクラスミニバンでは初だと思いますが、3列目シートが前後にスライドします。前にスライドさせればトランクスペースが広がり、後ろにスライドさせれば3列目の足元にかなり余裕がうまれます。

オートスライドドア

スマートキーを持った状態でスライドドアの下に足を入れてすぐ出すと、ロックした状態からハンズフリーでスライドドアが開きます。これはすばらしいですね。日本車初ではないでしょうか。

実際に展示車で試してみたのですが、すごく便利だと思いました。ただ、感度が悪いというか少しコツが要ります。

新型セレナ・ハンズフリーオートスライドドア

これは草木や動物などが移動することによって開閉してしまわないためには仕方ないかもしれません。

気になる点

前回の記事でも書きましたが、2リッターNAエンジンの動力性能が貧弱なので、高速道路の追い越しの場面でどんな感じになるのかはきになるところです。

もちろん、プロパイロットの性能も。

次回、ディーラーに訪問するときは、是非高速道路で試乗させてもらおうと思います。

まとめ

ということで、現状、Mクラスミニバンならセレナの一択になるのではないでしょうか。子育て世代には使い勝手最高ですよ。

子どもの幼稚園の送迎、買い物、キャンプ、旅行なんでもこなせるし、収納も申し分なし、どの場面でも使い勝手が良さそうです。

トヨタのノア・ヴォクシーもそろそろマイナーチェンジを控えていますが、相当焦っているのではないでしょうか。

セレナを買わない人はおそらく、セレナをディーラーに見に行かなかった人だけかもしれませんね。見比べれば絶対セレナを選ぶと思います。

ただし、動力性能は物足りません。ノア・ヴォクシーハイブリッドやステップワゴンに比べると。。。

アルファード・ヴェルファイアの中古車を探すなら・・・

30系新型アルファード・ヴェルファイアの新車はこちらで無料見積りを取ってみましょう

にほんブログ村 車ブログへ ← この記事が役に立った方はポチッと押していただけるとうれしいです♪

  • http://new-alphard.com/2016/09/c27-2.html
  • http://new-alphard.com/2016/09/c27-2.html

次の記事も多くの人に読まれています

コメントする

プロフィール

トヨタ30系アルファード(S-Aパッケージ)2.5L FF車(7人乗り)に乗っています。

更に詳しく見る

月別リスト

最近投稿された写真

  • 2週連続で京都・福知山へ
  • トヨタ初のコンパクトSUV、C-HR・G(ハイブリッド)に試乗
  • プリウスPHV(プラグインハイブリッド)に試乗してきました
  • キーパーラボでガラスコーティングするかどうか迷っています
  • アイドリングストップのせいでバッテリーが弱ってきました
  • マイナーチェンジで新型の直列4気筒2.5L直噴エンジンを搭載か
  • TコネクトナビとAndroid端末の相性は良い
  • 新型フリード(6人乗り・FF・ガソリン車)に試乗!5人乗りのフリード・プラスが欲しい!
  • 新型セレナ(C27)に試乗!今すぐ購入したくなりました(その2)
  • 新型セレナ(C27)に試乗!今すぐ購入したくなりました(その1)

RSSフィードを購読

ブログランキング

パソコン表示 | スマートフォン表示