新型アルファードを68万円安く購入した方法

 
  1. ブログTOP>
  2. エスティマ>
  3. エスティマが2016年6月6日マイナーチェンジでセーフティーセンスCを全車標準装備

2016/06/08 22:26 by アルファードマニア カテゴリ:エスティマエスティマが2016年6月6日マイナーチェンジでセーフティーセンスCを全車標準装備

コメント(0)

現行エスティマは2006年に登場したので、すでに10年目になりますが、テコ入れしてまだ販売継続するようです。

10年前といっても、エクステリアとインテリアデザイン共に古くさくは感じないですね。しかも、今回のマイナーモデルチェンジでかなり今風のデザインになっています。

フロントは真正面から見るとシエンタに似ていますね。。。

エスティマ

エスティマ

これは、ガソリン車のアエラス プレミアムGというグレードです。

エスティマ

内装もメーターデザイン、ナビ回り、シート生地などかなり変更が入っています。

エスティマ

エスティマ

うーん、これはかなり大きなマイナーチェンジですね。ガソリン車、ハイブリッド車共にパワーユニットは旧型のままですが、グレードによってはパフォーマンスダンパーを装備していたり、まだまだ当分売る気満々のようです。

ガソリン車にはアイドリングストップ機能もありません。

アルファード/ヴェルファイア > エスティマ

というヒエラルキーが存在するのか、トヨタ・セーフティー・センスはPでなくCなのが残念です。

エスティマ

まあ、自動ブレーキのシステムがその車の良し悪しを決定づけるものではありませんが。

Cでも今までにはなかったレーンディパーチャーアラートが付いているのはいいですね。うらやましいです。

フロントの座席にはシートヒーターまでついてるじゃん!(笑)

どうせなら、ガソリン車のエンジンはアルファード/ヴェルファイヤに積んでいる2.5リッター直4にして、アル・ヴェルのほうを2リッターターボに、ハイブリッド車のシステムはアルファード/ヴェルファイヤの2.5リッター+モーターに、アル・ヴェルのほうは3.5リッター+モーターにすればいいと思います!

このマイナーチェンジで、オデッセイハイブリッドに流れていた顧客がエスティマのほうに戻ってきそうですね。

パフォーマンスダンパーまで。。。自分のアルファードにも付けたいです。

エスティマ

ヘッドライト回りもなかなか洗練されたデザインですね。LEDですし。

エスティマ

かなりイイ感じです!

アルファード・ヴェルファイアの中古車を探すなら・・・

30系新型アルファード・ヴェルファイアの新車はこちらで無料見積りを取ってみましょう

にほんブログ村 車ブログへ ← この記事が役に立った方はポチッと押していただけるとうれしいです♪

  • http://new-alphard.com/2016/06/201666c.html
  • http://new-alphard.com/2016/06/201666c.html

次の記事も多くの人に読まれています

コメントする

プロフィール

トヨタ30系アルファード(S-Aパッケージ)2.5L FF車(7人乗り)に乗っています。

更に詳しく見る

月別リスト

最近投稿された写真

  • 2週連続で京都・福知山へ
  • トヨタ初のコンパクトSUV、C-HR・G(ハイブリッド)に試乗
  • プリウスPHV(プラグインハイブリッド)に試乗してきました
  • キーパーラボでガラスコーティングするかどうか迷っています
  • アイドリングストップのせいでバッテリーが弱ってきました
  • マイナーチェンジで新型の直列4気筒2.5L直噴エンジンを搭載か
  • TコネクトナビとAndroid端末の相性は良い
  • 新型フリード(6人乗り・FF・ガソリン車)に試乗!5人乗りのフリード・プラスが欲しい!
  • 新型セレナ(C27)に試乗!今すぐ購入したくなりました(その2)

RSSフィードを購読

ブログランキング

パソコン表示 | スマートフォン表示