新型アルファードを68万円安く購入した方法

 
  1. ブログTOP>
  2. マカン>
  3. ポルシェマカン2リッターターボに試乗

2015/09/20 23:59 by アルファードマニア カテゴリ:マカン / 試乗レポートポルシェマカン2リッターターボに試乗

コメント(0)

今日はシルバーウィークの真っ最中ですが、以前から気になっていたポルシェのSUV、マカンに試乗してきました。

前日に、電話で試乗の予約を入れていたので、とてもスムーズに試乗して見積りを出してもらえました。

試乗したグレードは、素のマカンでエンジンは直列4気筒2リッターターボです。

本当はマカンSに乗りたかったのですが、最近試乗車がSから素のマカンに入れ替わったそうです。

素マカンのエンジンは、噂ではフォルクスワーゲン製のエンジンをポルシェがチューンナップしたものらしいですが、スペックを見る限りそのような感じです。

ゴルフ7のGTIのエンジンが220馬力でのトルクを出し、一方ポルシェマカンに搭載されているエンジンは、237馬力で350Nm(1500-4500回転)です。

マカンのエンジンはレクサスNX、IS、RC、RXなどに搭載されている2リッターターボ8AR-FTSとかなり似通ったスペックですね。8AR-FTSは、238馬力で350Nm(1650-4000回転)です。

マカンのエンジンのほうが若干トルクバンドが広いですが。

マカンの乾燥重量は1.8トンくらいなので、このスペックでも十分過ぎるくらいです。

実際に乗ってみて感じたのは、大人3人、子ども1人でしたが、パワー・トルク感ともに必要十分でした。SUVにこれ以上のパワーは不要と思われます。

結構長時間乗って、アクセルを踏み込めるような場面もあり、PASMとスポーツクロノのオプションが装備されていたのでいろいろ試してみました。

PASMはアクティブサスペンションで、路面からの入力を元にダンパーの固さをリアルタイムで制御してくれるのでとても上質な乗り心地になります。ただ固くなったり柔らかくなったりするだけではないです。

以前のっていた987ボクスターSのPASMは2段階にしか調節できませんでしたが、マカンはコンフォート・スポーツ・スポーツプラスの3段階に調節できます。

コンフォートでも普段乗っているアルファードに比べると固めですが、許容範囲で後席に乗った妻からも不満は出ませんでした。

ただ、もし購入するとなれば小さな娘の事を考えてエアサスを付けると思います。50万円のオプションになりますが、PASMもついているので実質30万円くらいでしょうか。

故障もほとんどないとのことです。

アルファード・ヴェルファイアの中古車を探すなら・・・

30系新型アルファード・ヴェルファイアの新車はこちらで無料見積りを取ってみましょう

にほんブログ村 車ブログへ ← この記事が役に立った方はポチッと押していただけるとうれしいです♪

  • http://new-alphard.com/2015/09/macan-01.html
  • http://new-alphard.com/2015/09/macan-01.html

次の記事も多くの人に読まれています

コメントする

プロフィール

トヨタ30系アルファード(S-Aパッケージ)2.5L FF車(7人乗り)に乗っています。

更に詳しく見る

月別リスト

最近投稿された写真

  • 2週連続で京都・福知山へ
  • トヨタ初のコンパクトSUV、C-HR・G(ハイブリッド)に試乗
  • プリウスPHV(プラグインハイブリッド)に試乗してきました
  • キーパーラボでガラスコーティングするかどうか迷っています
  • アイドリングストップのせいでバッテリーが弱ってきました
  • マイナーチェンジで新型の直列4気筒2.5L直噴エンジンを搭載か
  • TコネクトナビとAndroid端末の相性は良い
  • 新型フリード(6人乗り・FF・ガソリン車)に試乗!5人乗りのフリード・プラスが欲しい!
  • 新型セレナ(C27)に試乗!今すぐ購入したくなりました(その2)

RSSフィードを購読

ブログランキング

パソコン表示 | スマートフォン表示