新型アルファードを68万円安く購入した方法

 
  1. ブログTOP>
  2. レビュー>
  3. 2018年のマイナーチェンジで改善してほしいところ

2015/05/06 23:00 by アルファードマニア カテゴリ:レビュー2018年のマイナーチェンジで改善してほしいところ

コメント(0)

今のところ、私が2015年3月に納車された30系アルファードS-Aパッケージに大きな不満はほとんどないのですが、2018年もしくは2017年末にマイナーチェンジされるであろう30系アル・ヴェルへの要望を現時点で書き出してみたいと思います。

レクサスNX200tの2リッターターボエンジン8AR-FTSを搭載してほしい

NXに以前試乗したときにすごくフィーリングがよかったです。300hは重くて回生ブレーキのフィーリングにかなり違和感があったのですが、200tのほうは軽快でダウンサイジングターボエンジンは小気味よく加速し、アイドリングストップ機能もついていて、復帰時も極めて静かでした。

1500回転くらい?から3.5リッターNA並みの最大トルクを4000回転くらいまで出すことができます。

ほんとに扱いやすいエンジンです。トヨタ初のダウンサイジングターボながら、かなり完成度の高いエンジンに仕上げてきたなと思います。

いっそのこと、レクサスNXのように、ガソリン車は2リッターターボのみでもいいような気がします。ただ、今回の新型アル・ヴェルに搭載された2.5リッターNA 2AR-FEエンジンは非常に完成度が高く、静かで十分な動力性能があるので次期マイナーチェンジでダウンサイジングターボエンジンが採用されることはなさそうだと感じています。

あるいは、3.5リッターNAエンジンにアイドリングストップ機能を付けてくれればそれでもいいです。今回私が2.5リッターのモデルにしたのはアイドリングストップが欲しかったからです。信号待ちで無音になりますから!

MOPナビの解像度をWVGAからWXGAに変更してほしい

WVGAの解像度でモニターのサイズを9インチとか10インチにしたところで、画質が粗くなり見栄えがよくありません。現在のMOPのメリットは解像度以外のところにありますが、2015年6月下旬?発売予定の30系アルファード・ヴェルファイア専用のビッグXプレミアムが10インチでWXGAの解像度で出してくるらしく、まだビッグエックスの現物は見ていませんが、かなりキレイな画面になると予想されます。

現在のメーカーオプションナビはその点では非常に残念ですね。iPhoneのRetinaディスプレイに見慣れてしまったからでしょうか。

内装とのマッチングや後部モニター、マルチアングルカメラの収まり、アンテナがフロントガラスに張り付いていないのはかなりポイント高いですが。

30系アルファードのメーカーオプションナビゲーション

ほら、特に夜なんかはイルミネーションと完全にマッチしていて美しいでしょ?

MOPナビのナビゲーション部分の精度を上げてほしい

以前乗っていたステップワゴンのDOPデカナビと比べると、かなりおばかさんです。走行中の操作が制限されることもあり、かなりイラつきます。昨日今日と往復500キロ以上の旅行に出かけた時に改めて認識しました。

いったい、どこのメーカー製のナビでしょうか?パナソニック?富士通??開発者はこの性能に納得しているのでしょうか?

なんのしがらみがあってこのようなバカなナビを採用しているのでしょうか。車そのものはかなりイイだけにほんと残念です。

車線逸脱警報

20系のときは最上級グレードにはLKAとしてあったはずですが、今回はなくなっています。

まあ、これは次期マイナーチェンジ(もしくはそれまでの仕様変更)でトヨタセーフティセンスPが装備されるはずなので大丈夫ですね。

ブラインド・スポット・モニター

レクサスNXにはついています。マツダ・日産・ホンダは採用しつつありますね。スバルも2015年4月のレヴォーグの年次改良でオプションで用意するようになりました。

前方だけでなく、側方・後方もカメラで監視してほしいです。トヨタがこの安全装備で遅れている理由としては、「クルマは人間が運転するものだ」というスタンスにあるようです。

もちろん自動運転されるのではなく、人が運転するわけですが、私は万が一のときに電子装備に助けてもらいたいです。

カラーヘッドアップディスプレイ

これもレクサスNXにオプションで用意されていて、試乗したNXに装備されていてすごく良かったです。

ナビの案内をメーターパネル内のマルチファンクションモニターに連動表示させたところでそれほどメリットは感じないです。メーターを見る事自体、視線が前方からそれてしまっているわけですから。

たぶん無理でしょうが、次のマイナーチェンジで採用されるとめちゃくちゃ嬉しいです!

本革シートにベンチレーションを付けてほしい

これもまたまたレクサスNX試乗時に体験したのですが、よかったです。多少高くても付けたいです、私は。。。

長時間乗車していると、普通はお尻や太ももの裏がむれてきますが、ベンチレーションがあればすごく快適です。

あっ、このベンチレーションはエグゼクティブラウンジの2列目についているみたいですね。でも、運転席と助手席にもほしいです。やっぱり運転しているほうが汗ばむので。

内装色を選べるようにしてほしい

エグゼクティブラウンジはブラック(黒)とフラクセン(白)の内装色を選べますが、それ以外のグレードでは、標準ボディだとフラクセン、エアロボディだとブラックの内装色に自動的になってしまいます。

個人的には標準ボディで黒の内装色にしたかったです。

アクティブコーナリングライト AFS

これも20系のときは最上級グレードに装備されていたように記憶しています。

30系では上位グレードに固定式のLEDコーナリングランプが装備されますが、これは低速時だけの機能なので、アクティブなものも同時にほしいです。

これは私の知識不足ですが、ヘッドライトがLEDだと照射範囲が広範囲になって?AFSは不要なのでしょうかね。

とりあえず、こんなところでしょうか。この新型アルファードがとても気に入っているだけにあえていろいろ好き放題書いてみました。

あくまでも一個人の勝手な意見ですから許してください(笑)。

アルファード・ヴェルファイアの中古車を探すなら・・・

30系新型アルファード・ヴェルファイアの新車はこちらで無料見積りを取ってみましょう

にほんブログ村 車ブログへ ← この記事が役に立った方はポチッと押していただけるとうれしいです♪

  • http://new-alphard.com/2015/05/2018-1.html
  • http://new-alphard.com/2015/05/2018-1.html

次の記事も多くの人に読まれています

コメントする

プロフィール

トヨタ30系アルファード(S-Aパッケージ)2.5L FF車(7人乗り)に乗っています。

更に詳しく見る

月別リスト

最近投稿された写真

  • 2週連続で京都・福知山へ
  • トヨタ初のコンパクトSUV、C-HR・G(ハイブリッド)に試乗
  • プリウスPHV(プラグインハイブリッド)に試乗してきました
  • キーパーラボでガラスコーティングするかどうか迷っています
  • アイドリングストップのせいでバッテリーが弱ってきました
  • マイナーチェンジで新型の直列4気筒2.5L直噴エンジンを搭載か
  • TコネクトナビとAndroid端末の相性は良い
  • 新型フリード(6人乗り・FF・ガソリン車)に試乗!5人乗りのフリード・プラスが欲しい!
  • 新型セレナ(C27)に試乗!今すぐ購入したくなりました(その2)

RSSフィードを購読

ブログランキング

パソコン表示 | スマートフォン表示