新型アルファードを68万円安く購入した方法

 
  1. ブログTOP>
  2. 試乗レポート>
  3. トヨタ・アルファード 試乗インプレッション 走行編

2015/04/30 16:10 by アルファードマニア カテゴリ:試乗レポートトヨタ・アルファード 試乗インプレッション 走行編

コメント(0)

先日紹介したGAZOO TVのモータージャーナリスト萩原秀輝さんによる試乗レポートの続編が公開されましたので紹介します。

動画に登場する30系アルファードのグレードはSA-Cパケです。

構造用接着剤を用いたボディー剛性の高さに注目されていますね。

アルファード・ヴェルファイアにはたくさんのグレードがありますが、外観をパッと見ただけではグレードの判別が出来ないのは、下位グレードのS-Aパケを購入した私にとってはうれしいところです。

動画に出てくるテスト車は3.5リッターV6エンジンの上位グレードになりますが、リアの"V6"エンブレムを見ないと下位グレードかどうかわかりません。

あとはアルミホイールですね。ただ、私は乗り心地とデザイン優先で17インチにダウングレードしていますし、冬にはスタッドレスタイヤを付けるので自分の好きなデザインのアルミホイールに交換することになります。

実際には、ヘッドライトユニットがことなり、アイラインのように見えるデイライトとコーナリングランプがついていないのですが、S-AやSグレードのヘッドライトユニットも見た目には付いているようなついていないような、わからないデザインになっています。

例えば、下位グレードだとリアサスペンションがトーションビーム式になるとかだと残念ですが、クルマの構造そのものは何もかわらないわけです。

VWのゴルフ7だと、上位グレードのハイラインではリアがマルチリンクで、下位グレードのトレンドライン、コンフォートラインはトーションビーム式になります。

コーナリングランプについてですが、実は前車のステップワゴンGコンフォートセレクションにはついていて、今回の新型アルファード S-Aパケにはつかないということだったので最初はちょっと心配していました。

今のところ、あったほうがいいなという場面はいくつかありますが、ないと危険だというほどには感じていません。

もちろん、あったほうが絶対いいですが、このグレードには装備されないのだからしかたありません。ただ、安全装備の一つなのでグレードによってオプションとしても装備できないのはどうかなとは思いますが。

アルファード・ヴェルファイアの中古車を探すなら・・・

30系新型アルファード・ヴェルファイアの新車はこちらで無料見積りを取ってみましょう

にほんブログ村 車ブログへ ← この記事が役に立った方はポチッと押していただけるとうれしいです♪

  • http://new-alphard.com/2015/04/post-18.html
  • http://new-alphard.com/2015/04/post-18.html

次の記事も多くの人に読まれています

コメントする

プロフィール

トヨタ30系アルファード(S-Aパッケージ)2.5L FF車(7人乗り)に乗っています。

更に詳しく見る

月別リスト

最近投稿された写真

  • 2週連続で京都・福知山へ
  • トヨタ初のコンパクトSUV、C-HR・G(ハイブリッド)に試乗
  • プリウスPHV(プラグインハイブリッド)に試乗してきました
  • キーパーラボでガラスコーティングするかどうか迷っています
  • アイドリングストップのせいでバッテリーが弱ってきました
  • マイナーチェンジで新型の直列4気筒2.5L直噴エンジンを搭載か
  • TコネクトナビとAndroid端末の相性は良い
  • 新型フリード(6人乗り・FF・ガソリン車)に試乗!5人乗りのフリード・プラスが欲しい!
  • 新型セレナ(C27)に試乗!今すぐ購入したくなりました(その2)

RSSフィードを購読

ブログランキング

パソコン表示 | スマートフォン表示