新型アルファードを68万円安く購入した方法

 
  1. ブログTOP>
  2. 購入まで>
  3. グレード選びについて考える その1~ガソリン車かハイブリッド車か?

2015/04/09 14:58 by アルファードマニア カテゴリ:購入までグレード選びについて考える その1~ガソリン車かハイブリッド車か?

コメント(0)

新型アルファードあるいはヴェルファイアでも同じことですが、購入を検討している場合にまずやるべきことは、今乗っている車の買取相場を知ることです。

そして、それを把握したらディーラー(アルファードならトヨペット、ベルファイアならネッツ)に試乗・商談をするわけですが、その前に公式ウェブサイトでだいたいのグレード構成を把握し、どのグレードが自分の家族に合っているのか目星をつけておいた方がよいです。

アル・ベルの場合、ガソリン車とハイブリッド車があり、他社の競合車(販売台数でいうならば、もはや競合しているとはいえないかもしれませんが)であるエルグランドやオデッセイに比べてグレード構成が多岐にわたり、最初はちょっとややこしいかもしれません。

選ぶべきポイントを以下に絞って考えてみます。他にもポイントはたくさんありますが、ややこしいのでとりあえずこれで。

  1. ガソリン車かハイブリッド車か
  2. ガソリン車の場合、3.5リッターか2.5リッターか
  3. 標準タイプかエアロタイプか
  4. 内装色を白系にするか黒系にするか
  5. 7人乗りか8人乗りか
  6. ロングスライド(2列目後席と助手席)が必要か
  7. 回転式のチャイルドシートを使う予定があるか

それでは順番に検討していきます。

ガソリン車かハイブリッド車か

まず燃費に関しては、カタログ燃費(JC08モード)はガソリン車の2.5リッターが12.8 km/L(アイドリングストップなしの場合は11.6)で、3.5リッターが9.5 km/Lです。

一方で、ハイブリッド車のほうは、19.4 km/L(車両重量が2110 kgの場合は18.4)とこの重量にしては驚異的な燃費になっています。しかしながら、ハイブリッドXの8人乗り以外はすべて車両重量が2110キロ以上なので、実質上のJC08モード燃費は18.4 km/Lと考えるべきです。

ちなみに、私が購入したグレードはS"Aパッケージ"FF車ですが、メーカーオプションのTコネクトナビとリヤモニター、ツインムーンルーフを付けているのでプラス40キロ、ただし、ホイールを17インチにダウングレードしているため、マイナス10キロ、差引してプラス30キロの重量増になります。そのため、車両重量は2010キロとなり、カタログ燃費は12.4 km/Lに下がります。

ここで、私が購入したグレードを基準にして、12.4とハイブリッド車の実質上のカタログ燃費18.4を比べると、2500ccのガソリン車から見てハイブリッド車のほうは約48%燃費がいいことになります。

実質的な燃費はカタログ燃費通りではないですが、仮にカタログ燃費と同じ比率だとすると、ガソリン車で1か月のガソリン代が1万円だったのが、ハイブリッド車なら約6750円に抑えられることになります。

私自身はいまだかつてハイブリッド車を所有したことがない(試乗は多くの車種でしている)のですが、トヨタのハイブリッド車の場合は高速での燃費が苦手でストップ&ゴーを繰り返す街中での燃費が良くなる傾向にあるようです。

高速道路での一定走行だとモーターがバッテリーを使う機会がほとんどなく、ただ重たいバッテリーを積んでいるだけでハイブリッドのメリットがあまりなく、ガソリン車との実質的な燃費の違いはないのかもしれません。

ですので、燃費でハイブリッド車かガソリン車かを判断するにはアルファードをどのような用途で使うのかによって変わってきます。

例えば私の家族の場合は、週末に高速道路を使う機会が多いですが、普段は子どもの保育園の送迎や買い物に妻が街中を走ります。走行距離でいうならば、街中:高速=4:6くらいでしょうか。あるいは半々くらいかもしれません。

ところで、同じ装備内容でガソリン車とハイブリッド車の車体価格はどのくらい違うのでしょうか。

例えば、エアロタイプのガソリン車アルファードS"Cパッケージ"4WD(4,424,073円)と同じくエアロタイプのハイブリッド車アルファードHYBRID SR "Cパッケージ"(5,501,127円)を比較すると、約107万円の差があります。ガソリン車のFFではなく4WDと比較しているのは、アルファード・ヴェルファイヤのハイブリッド車はE-Fourと呼ばれる四駆だからです。

計算するまでもなく、ガソリン代でハイブリッド車との差額を取り戻すのは無理があります。

ただし、ハイブリッド車のメリットは燃費だけではないですよ!

ハイブリッド車のメリット

  • とにかく静か
  • 1500Wのアクセサリーコンセントが使える(ガソリン車は100Wまで)
  • サスペンションが乗り心地優先にセッティングされている
  • ハイブリッド専用の青いエンブレムがかっこいい!(笑)

とりあえず思いつくのはこんなところでしょうか。乗り心地は実際にアルファードSR"Cパッケージ"を試乗しましたが、運転席、後席ともに重厚感があってかなり良かったです。もちろん、ガソリン車の乗り心地が悪いわけではないです。以前乗っていたステップワゴンの乗り心地とは比べものになりません。私はガソリン車の乗り心地で十分です。エアロタイプの18インチでも問題ないと思います。

この乗り心地の良さは新開発のダブルウィッシュボーン式サスペンションだけでなく、むしろタイヤの性能によるところが大きいのではと想像します。

ちなみに、私のアルファードに装着されていたタイヤはヨコハマタイヤのブルーアースE51という銘柄です。

ヨコハマタイヤのブルーアースE51

あ~、だいぶよごれてきたなーー。洗車してコーティングしないと・・・

ハイブリッド車の乗り心地がよいのは、重量だけでなくサスペンションのセッティングが乗り心地優先に振ってあるのもあると思います。

アルファード・ヴェルファイアの中古車を探すなら・・・

30系新型アルファード・ヴェルファイアの新車はこちらで無料見積りを取ってみましょう

にほんブログ村 車ブログへ ← この記事が役に立った方はポチッと押していただけるとうれしいです♪

  • http://new-alphard.com/2015/04/post-10.html
  • http://new-alphard.com/2015/04/post-10.html

次の記事も多くの人に読まれています

コメントする

プロフィール

トヨタ30系アルファード(S-Aパッケージ)2.5L FF車(7人乗り)に乗っています。

更に詳しく見る

月別リスト

最近投稿された写真

  • 2週連続で京都・福知山へ
  • トヨタ初のコンパクトSUV、C-HR・G(ハイブリッド)に試乗
  • プリウスPHV(プラグインハイブリッド)に試乗してきました
  • キーパーラボでガラスコーティングするかどうか迷っています
  • アイドリングストップのせいでバッテリーが弱ってきました
  • マイナーチェンジで新型の直列4気筒2.5L直噴エンジンを搭載か
  • TコネクトナビとAndroid端末の相性は良い
  • 新型フリード(6人乗り・FF・ガソリン車)に試乗!5人乗りのフリード・プラスが欲しい!
  • 新型セレナ(C27)に試乗!今すぐ購入したくなりました(その2)

RSSフィードを購読

ブログランキング

パソコン表示 | スマートフォン表示