新型アルファードを68万円安く購入した方法

 
  1. ブログTOP>
  2. レビュー>
  3. 納車後500キロ走ってのレビュー その3

2015/04/03 19:49 by アルファードマニア カテゴリ:レビュー納車後500キロ走ってのレビュー その3

コメント(0)

■走行性能

車検証を見ると、MOPナビとツインムーンルーフを付けているので、車両重量は2トンを超えて2010kgになっています。それまで乗っていたミニバンのステップワゴンが1600kg程度だったと思います。排気量が2リッター。
新型アルファードが2.5リッターで2トン、ステップワゴンが2リッターで1.6トン。排気量と車両重量のバランスはほとんど同じですね。

普段、自分・妻・2歳の子ども(+15キロ程度のチャイルドシート)で乗ることが多いのですが、ステップワゴンでもアルファード2.5リッターガソリンエンジンでも問題なく走れます。アルファードではまだフル乗車したことはないですが、ステップワゴンで法事などのときにフル乗車したことが何度かありますが、特に問題なくストレスなしに走行できました。新型アルファードでもその点は問題なさそうです。

ただ、排気量と重量のバランスが同じでも、やはり重量が軽いステップワゴンは出だしが軽快です。ステアリングの操作系も全体的に軽い印象があります。

アルファードのほうはまだ納車されて間もないので、慣らし運転が必要とは思っていませんが、出来るだけエンジン回転数は抑えて、急な操作はしないように心がけています。3000キロほど走るまではそうしようと思っています。

そういった事情もあるのかもしれませんが、交差点で右折待ちから発信するときなどはちょっともたつき気味のように感じることもあります。ECOモードを解除すればそう感じることもないのかもしれませんが、今のところECOモードは基本ONにしています。ちなみに、ECOモードのON/OFFはエンジンを切っても保持されます。いずれにしても、2.5リッターガソリンエンジンでもミニバンとしての用途で乗る限り何ら問題はなく、ストレスを感じることも今のところないです。

高速道路では、非常にパワフルで快適です。重量がある分、安定感もあり、横風が吹いていてステップワゴンだと時速90キロぐらいで走るべきところを100キロプラスαでも大丈夫といった感じでしょうか。追い越し加速についてもなんら不満はありません。運転していてもラクですし、後席でくつろいでいても非常に静かで快適です。

コーナリング性能については、ロールが適度に抑えられており、かなり安定した姿勢をキープする印象です。家族旅行の際に、先代アルファードをレンタカーで借りて何度か乗りましたが、ロールが大きくふわふわした印象がありましたが、新型アルファードに関してはそのような印象は今のことろ全くありません。アクティブサスペンション、例えば、フォルクスワーゲンのDCCを搭載した車(ゴルフ等)のような感じです。後輪のサスペンション形式がダブルウィッシュボーンという四輪独立懸架方式になったのも非常に大きく影響しているのかもしれません。

アルファード・ヴェルファイアの中古車を探すなら・・・

30系新型アルファード・ヴェルファイアの新車はこちらで無料見積りを取ってみましょう

にほんブログ村 車ブログへ ← この記事が役に立った方はポチッと押していただけるとうれしいです♪

  • http://new-alphard.com/2015/04/500-2.html
  • http://new-alphard.com/2015/04/500-2.html

次の記事も多くの人に読まれています

コメントする

プロフィール

トヨタ30系アルファード(S-Aパッケージ)2.5L FF車(7人乗り)に乗っています。

更に詳しく見る

月別リスト

最近投稿された写真

  • 2週連続で京都・福知山へ
  • トヨタ初のコンパクトSUV、C-HR・G(ハイブリッド)に試乗
  • プリウスPHV(プラグインハイブリッド)に試乗してきました
  • キーパーラボでガラスコーティングするかどうか迷っています
  • アイドリングストップのせいでバッテリーが弱ってきました
  • マイナーチェンジで新型の直列4気筒2.5L直噴エンジンを搭載か
  • TコネクトナビとAndroid端末の相性は良い
  • 新型フリード(6人乗り・FF・ガソリン車)に試乗!5人乗りのフリード・プラスが欲しい!
  • 新型セレナ(C27)に試乗!今すぐ購入したくなりました(その2)

RSSフィードを購読

ブログランキング

パソコン表示 | スマートフォン表示